カタログ・パンフレット作成なら30年以上の実績をもつ製品カタログデザイン・印刷専門ラボにお任せください !

〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-3-15 富士ビル1F
小田急線 「代々木八幡駅」 徒歩2分、千代田線 「代々木公園駅」 徒歩1分

営業時間:月〜金:9:30〜17:00
(定休日:土・日・祝日)

お気軽にお問合せください

03-5478-0885

FAX:03-5478-0886

TOP

カタログ作成のプロの技でお客様の製品やサービスの 「強み」 と 「価値」 を演出します

 製品カタログ作成のプロの技で
製品の 「強みと価値」 × 「信頼感」 がアップ !

製品カタログ (商品パンフレット) 等のデザイン・印刷で30年以上の実績で、毎年100種以上制作 !『読み手を買う気』にさせる企画&コピーと、『製品価値を魅力的に』表現するデザイン力で選ばれています !

まずは、上質なデザインをお確かめください。↓各画像をクリックすると全ページダウンロードできます。

渋谷デザイン・印刷専門ラボでは、豊富な実績と経験に基づく企画・デザインワークで
「読み手志向の見やすさ・分かりやすさ」「掲載商品の信頼性」 を高めるパンフレット、カタログ作成等でご好評いただいています。製品単体画像をご提供いただければ製品好感度をアップさせる印象的な訴求イメージをデザインできます !

「ネットで見つけた業者はイマイチ相談しずらい…」 というお客様はこちら

 スタジオ撮影不要。
デジカメ撮影画像で、製品の魅力を120%演出する画像加工 ! !

「魅せる」 イメージで品質と信頼感を伝えます。

読み手に 「信頼性」 を与える洗練されたデザイン力にくわえ、渋谷デザイン・印刷専門ラボでは超ハイレベルな画像合成技術をもって、お客様の商品 (製品やサービス) をドラマチックに演出。素人がデジカメで撮影した製品画像だけで、印象的かつ信頼感のあるイメージを 「クリエイト」 します。

素材

合成後

スタジオでの大掛かりなセットを用いての本格的な撮影をしたり、特定のロケ地を貸しきっての撮影は一切不要。製品の単体画像のみで、大手企業のカタログ、パンフレット、チラシと比べても、遜色ない信頼感を生む印刷物をご提供できます。

東京の 「渋谷デザイン・印刷専門ラボ」 が全国のお客様から選ばれる理由はこちら

「信頼性」 と 「親切対応」 でインターネットで幅広いお客様に選ばれています。

「商品パンフレットリニューアルの予定」 を具体的に計画中のお客様限定
 デザイン制作担当のディレクターが無料で訪問 !
※ご予算、完成スケジュール等まだ未定なお客様は電話やメールによる応対のみとなります。

※地域により訪問できないエリアもあります。お問合せください。

製品カタログのリニューアルや既存の制作・印刷業者の再選定を検討されているお客様限定の特別対応。実際にお客様のカタログ・パンフレット制作の企画・デザインを担当するディレクターが、直接お客様先へ訪問・ヒアリングいたします。

希望やお願いのヒアリングだけでなく、例えば、既存のカタログ・パンフレットで物足りないところや問題点を洗い出したり、新規で制作する場合の競合他社を意識したカタログ・パンフレット作りをご提案します。

なお、訪問条件としましては、カタログやチラシ等の制作を具体的に検討されていることを前提とさせていたします。ご予算、完成スケジュール等未定の段階のケースでは、電話やメールでのご相談受け付けとさせていただきます。訪問は予算・スケジュール等が具体的になった段階で行います。(訪問希望が殺到している中、限られた人員でご対応している為のやむを得ない処置です。ご了承ください。)

<ディレクター代表より>

「渋谷デザイン・印刷専門ラボ」 にお越しいただきありがとうございます。
当ブログ管理人も担当している制作ディレクターの馬渕 拓馬 (まぶち たくま) です。

当社は、昭和40年創業以来、デザイン・印刷において30年以上の実績をもつ渋谷の制作会社です。現在は、特に製品カタログ制作を得意にしており大手企業様より多種多様なカタログ制作を一手に担当させていただく一方、ココ渋谷を起点に東京・神奈川・千葉・埼玉など関東圏の大小問わない企業様向けにフットワークと小回りを生かしたチラシ・カタログ作成・印刷のご依頼にご対応しております。関東圏なら、お電話一本で、お客様の元へヒアリングに参ります !

選ばれる5大理由。ネットでも安心してご相談の連絡をいただいています。

今ご利用の既存業者と比べてみてください。
当社のお客様が当社をお選びいただいた5つの理由 !

「インターネットで見つけた業者はイマイチ信用できない・・・」 、
「初めて相談の連絡をするが、どんな会社でどんな人がでるのか想像もつかない・・・」
と心配されるお客様も少なくないようです。
まず当社が選ばれる理由 (わけ) をちょっとご紹介します。

創業30年以上の実績、デザイン・印刷のプロ集団です。

当社は昭和40年の創業以来、多くのお客様より信頼いただいている渋谷のデザイン・印刷のプロ集団です。デザインを本業としない印刷会社や外注する広告代理店とは異なり、当社は100%オリジナルのデザインワークを自社たたき上げの精鋭デザイナーだけで仕上げます。

そのため割安で高品質なデザインサービスをご提供でき、インターネットから初めて申し込まれたお客様からも好評です。

毎年100種以上の
製品カタログ・チラシ制作する豊富な実績。

当社は多種多様な印刷物の制作・印刷を手がけておりますが、あえて強調するなら、製品カタログのデザイン・印刷を得意としています。

豊富な制作実績に加え、長年培った独自のノウハウで高品質な製品カタログ制作サービスをご提供します。

撮影コストを抑えた印象的なイメージを演出 !
超ハイレベルな画像合成技術。

自由自在なイメージ画像をつくりあげることができる当社のハイレベルな画像合成技術を活用すれば、製品単体の画像をご提供いただくだけで、訴求力のある印象的な製品イメージや、リアルな製品の使用イメージを大掛かりな撮影を行わずとも低コストに作り上げることができます

大手企業様からも高く評価いただいております !

臨場感のある質感を演出する製品補正技術

製品の色や質感にこだわりをもつお客様からも信頼いただける高度な製品補正技術が当社の自慢です。

たとえば金属の質感や色味の調整が難しい素材を、印刷物上でいかに美しく、またメリハリあるシルエットに見えるかを考えて補正し、印刷時の仕上がりもチェックしています。

「色」 の不満を解消、独自のカラーマネージメント

当社が提供する印刷サービスは、製品カタログには欠かせない安定した美しい 「色」 管理を実現し、高品質で美しい印刷物のご提供が可能です。

これは、当社とコラボレーションしている印刷会社と共同で構築した独自のカラーマネージメントシステムを採用している当社ならではのしくみです。

精度の高さと柔軟な色の調整を可能にし、お客様の 「色」 の不満を解消します。
(価格重視の格安印刷サービスも別途ご用意しています。)

【特集】失敗しない製品カタログ作成業者の選び方

製品カタログ製作をするにあたり、どこにお願いするかでその完成度が変わることはいうまでもありません。

既製品とは異なり、カタログ制作は、お客様ごとに、一つ一つ企画・デザインするオーダーメイドの形態をとります。一度作ったカタログを更新していく過程で、ついつい既存の業者に任せっぱなしにして、ありきたりなカタログを印刷しつづけしまったりしてませんか?カタログをリニューアルして、より売上に貢献するような使いやすい物に仕上げるには、依頼者と制作者がしっかりとコミニュケーションできる環境があることが重要です。

今回、特集記事として、製品カタログの依頼先別の特長と、失敗しない業者選びのポイントをまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

「失敗しない製品カタログ作成の業者選びのポイント」 はこちら

お問合せはこちら

03-5478-0885

03-5478-0886

営業時間:
月〜金:9:30〜17:00
(定休日:土・日・祝日)

製品カタログ作成お役立ち

無料&必見 !
売上アップに貢献 ? !
カタログ掲載ネタの秘密 !

ダウンロードはこちら

チラシデザイン事例集

弊社デザインの事例集が
ダウンロードできます !

ダウンロードはこちら

会社概要

株式会社広告企画研究所

代表取締役社長:馬渕 哲

代表プロフィールはこちら

〒151-0063
東京都渋谷区富ヶ谷1-3-15 富士ビル1F

<主な商圏>
渋谷・新宿・東京23区及び
神奈川・千葉・埼玉等
※他エリアは当社指名を条件に要ご相談。

ご連絡先はこちら

03-5478-0885

03-5478-0886

kouken@hitonougoki.com

会社概要はこちら

アクセスマップはこちら

当社独自のCMS

当サイト運営会社
「 (株) 広告企画研究所」 代表による「カラーマネージメント構築ヒストリー」 サイトを新設しました !
当社独自のCMSにご興味がある方はぜひこちらをご一読ください !

詳しくはこちら

<姉妹サイト>
人の動き研究室

当サイトを運営の (株) 広告企画研究所の社長・馬渕哲は、「人の動き」 を研究テーマにした (株) 人の動き研究室 を経営しています。

人の動きを通したコミュニケーションを接客や上司・部下等の人間関係に応用するなど様々な観点から研究しています。ご興味があるかたは、公式サイトを是非チェックしてください。

 (株) 人の動き研究室・
公式サイトはこちら